ロックウェル・オートメーションジャパン FactoryTalk Analytics LogixAI

AIで予測モデルを構築

ロックウェル・オートメーションジャパンの、FactoryTalk Analytics LogixAI(ファクトリートーク・アナリティクス・ロジック・エーアイ)は、人工知能(AI)で製造システムの動作を予測し、リアルタイムでの意思決定を支援する。

データサイエンティストの手を借りなくても、何を予測したいのか、どの機器のデータを分析したいのかをLogixAIで簡単に設定し、ダッシュボードに表示できる。LogixAIは制御シャーシに直接収まるモジュールで、バックプレーンを介してコントローラデータをストリーミングして予測モデルを構築。

また、仮想センサとしても使用でき、製造ラインが停止したり、材料を廃棄しなければならなくなる前に、許容範囲外の動作などの異常やスクラップの可能性を特定できる。

LogixAIは、ロックウェル・オートメーションのFactoryTalk Analytics for Devices (ファクトリートーク・アナリティクス・フォー・デバイス)と一緒に使用することで、さらに効果を発揮する。

FactoryTalk Analytics for Devicesは、自動化システムの構造を学習して個々のデバイスの問題を通知する装置で、LogixAIモジュールは、製造システムのアプリケーションについて学習し、システム全体の異常を識別する。

https://www.rockwellautomation.com/ja_JP/

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る