ロックウェル・オートメーションジャパン FactoryTalk Analytics LogixAI

AIで予測モデルを構築

ロックウェル・オートメーションジャパンの、FactoryTalk Analytics LogixAI(ファクトリートーク・アナリティクス・ロジック・エーアイ)は、人工知能(AI)で製造システムの動作を予測し、リアルタイムでの意思決定を支援する。

データサイエンティストの手を借りなくても、何を予測したいのか、どの機器のデータを分析したいのかをLogixAIで簡単に設定し、ダッシュボードに表示できる。LogixAIは制御シャーシに直接収まるモジュールで、バックプレーンを介してコントローラデータをストリーミングして予測モデルを構築。

また、仮想センサとしても使用でき、製造ラインが停止したり、材料を廃棄しなければならなくなる前に、許容範囲外の動作などの異常やスクラップの可能性を特定できる。

LogixAIは、ロックウェル・オートメーションのFactoryTalk Analytics for Devices (ファクトリートーク・アナリティクス・フォー・デバイス)と一緒に使用することで、さらに効果を発揮する。

FactoryTalk Analytics for Devicesは、自動化システムの構造を学習して個々のデバイスの問題を通知する装置で、LogixAIモジュールは、製造システムのアプリケーションについて学習し、システム全体の異常を識別する。

https://www.rockwellautomation.com/ja_JP/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG