フエニックス・コンタクト 産業用ウェブパネル「WP/BWPシリーズ」

HTML5ですっきり表示

フエニックス・コンタクトは、HTML5に対応したウェブ表示端末2モデルを発売する。

「WP 4000」は、CPU Arm Cortex-A53(4コア1.2GHz)を搭載した高性能モデル。メタル筐体、静電容量式(7、10.1、12.1、15.6*、18.5*インチ)(*今秋発売予定)と、抵抗膜式(7インチ)のタッチパネル、画面サイズから選択でき4つのタブで表示できる。USBポート×2装備。

「BWP 2000」は、Arm Cortex-A9(1GHz)を搭載した基本モデル。プラスチック筐体、抵抗膜式のタッチパネルで、画面サイズ(インチ)は4.3(BWP2043W)、7(BWP2070W)、10.2(BWP2102W)から選択でき単一タブで表示できる。USBポート×1を搭載。システムの画面設定をウェブサーバーに集約することで、画面表示系のハードウエア、管理コストを低減できる。

同社の「PLCnext」コントローラはアクセス制限可能なウェブサーバーを標準搭載し、無償でHTML5ファイルの編集が可能。画面表示方式をオープンな標準規格HTML5に統一することで、画面意匠を追求すると同時に、両ウェブパネルだけでなく、同社無線LANアダプタ「FL WLAN」シリーズなどを使って無線からアクセスする各種ウェブブラウザを搭載したノートPC、スマートフォン、タブレットといったマルチデバイスでの表示も容易。

http://www.phoenixcontact.co.jp

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG