サトーパーツ 設定用つまみにスピンプレートカラー、機器のデザイン性向上

2019年7月17日

サトーパーツ(東京都文京区)は、電子・電子機器などの設定用つまみ「コントロール ノブ K-8000シリーズ」の販売を開始した。

新製品は、操作部表面のレコード挽き部分にスピンプレートカラーを採用していることが大きな特徴で、機器全体のデザインとマッチしたおしゃれなつまみになっている。

また、つまみの成形も同社の長年の技術を生かし、操作性、感触性に優れ、つまみの指示線部の白線塗料充填も見やすくきれいな仕上げとなっている。

スピンプレートのカラーは、6色(赤、黒、緑、青、黄、シルバー)が完備し、サイズもS(φ19ミリ)、M(φ22ミリ)、L(φ26ミリ)の3種類がある。

適合シャフト径は6ミリ。