JECA FAIR2019 製品コンクール受賞製品決定

経済産業大臣賞に日東工業 国土交通大臣賞は関電工が受賞

「JECA FAIR2019(第67回電設工業展)」(主催=日本電設工業協会)で実施された「第58回製品コンクール」受賞製品が発表された。今回の製品コンクールには、過去最多の63社がエントリー。審査を経て13社の製品が選ばれた。

国土交通大臣賞には、関電工の「防災用LPガスエンジン発電機(3kVA)」、経済産業大臣賞には日東工業の「放電検出ユニット」、環境大臣賞にはトーエネックの「オンサイトEL測定サービス」に決まった。

また、労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所所長賞にフジクラ・ダイヤケーブルの「活線シース絶縁不良点測定装置LILIA-150T」、東京都立産業技術研究センター理事長賞にワゴジャパンの「POWER CAGE CLAMP大電流端子台」、関東電気保安協会理事長賞に東光電気工事の「画像認識アプリPitos(ピートス)」がそれぞれ受賞した。

さらに、日本電設工業協会会長賞に東芝インフラシステムズの「プラグインUPS」が、同奨励賞には、河村電器産業の「最低充電量確保型EV充電器制御システムSmart EV Charger」、日置電機の「AC/DCクランプメータCM4376」、きんでんの「照度測定ロボット」、ベッセルの「電ドラボールシリーズ」、共立電気計器の「電気備品定期点検試験器KEW6206」、パナソニックの「TOLSOシリーズBeAm Free」の各製品が選ばれた。

尚、中小企業庁長官賞と消防庁長官賞は該当製品がなかった。

表彰式は、7月3日に東京・飯田橋のホテルグランドパレスで行われる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG