バルーフ 媒体接触式温度センサ、液・気体を連続監視

バルーフは、油圧ユニット向けに液体・気体に直接接触させて温度を測定するBFT媒体接触式温度センサのラインアップを拡大した。表示器やトランスデューサを内蔵するほか、PT1000測温抵抗体センサにも対応。表示器なしのモデルは特にコンパクトで耐振動性を備え、表示器付きモデルは見やすい回転式ディスプレイにより運用性と取付けの柔軟性を高めている。

同製品はPNPスイッチ出力、0-10V/4-20mAのアナログ出力を備え、PT1000センサとしても使用可能。取付けも簡単で、標準の管用平行ねじあるいは管用テーパねじを介してプロセス機器にねじ込むだけ。また、4ピンM12コネクタ1つをセンサに接続すれば配線が完了する。

同製品は、油圧をはじめ、機械や設備で使う液体・気体を連続モニタリングすることでプロセスの信頼性を大きく向上できる。温度測定が容易に行えるのに加え、油圧回路の温度をモニタリングして作動油の粘性を最適に保つことができる。また制限温度など、プロセスにとって決定的に重要な条件を内蔵のスイッチ出力で直接制御も可能。アナログ出力からは測定値を連続的に取得できる。冷却液や潤滑油、圧縮空気の温度モニタリングにも優れ、多彩なアプリケーションで活躍する。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る