立花エレテック 19年3月期決算、売上・経常利益とも過去最高更新

立花エレテックの2019年3月期連結決算は、売上高が1828億7500万円で対前期比2.6%増、営業利益が65億9600万円で同3.1%増、経常利益が70億3300万円で同6.5%増、当期純利益が49億600万円で同8.1%増となった。

セグメント別売上高は、FAシステムが1074億2300万円(前期比3.1%増)、半導体デバイスが540億7700万円(同1.3%減)、施設が168億1100万円(同10.9%増)、その他が45億6300万円(同7.7%増)。

20年3月期は、売上高1830億円(同0.1%増)、営業利益67億2000万円(同1.9%増)、経常利益70億6000万円(同0.4%増)、当期純利益48億6000万円(同0.9%減)を予想している。

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る