オプテックス・エフエー 検査装置を小型化、90度回転タイプ同軸照明

2019年5月22日

オプテックス・エフエー(京都市下京区)は、センシング同軸照明90度回転タイプ「OPX-SVシリーズ」を5月13日から販売開始した。

新製品は、省スペース化が可能な電子部品向け検査装置の画像処理用同軸照明で、微細な傷やダコンの検出用途に適している。

標準タイプの同軸照明は、カメラをワーク検査面に対して垂直に設置するため、ワーク、照明、カメラを一直線上に設置するスペースが必要だが、90度回転タイプである新製品は、ワーク検査面に対して水平にカメラを設置できるため、高さ方向のスーペスをとる必要がなくスペースを削減することができる。

また、標準タイプの構造は、ハーフミラーを透過してカメラに入光するが、新製品はハーフミラー表面で反射した光がカメラに入光するため、高精細な撮像が可能となる。

サイズは、18、27、35、50ミリメートルの4サイズで、白・青・赤色の計12機種をラインアップ。

国内販売数目標は、年間400台を予定。