三菱電機 世界初、AI搭載のファイバー二次元レーザー加工機

2019年4月24日

連続自動運転の安定性実現

三菱電機は、世界で初めてAIを搭載したファイバー二次元レーザー加工機「GX-Fシリーズ」を、4月10日から発売した。

新製品は、レーザー発信器の出力によって、4・6・8kWの3機種を用意。自社製の新型ファイバーレーザー発振器によって、加工速度に対応した最適な制御を可能にし、生産性は従来と比較して20%向上する。同社のIoTを活用したリモートサービスを使用すると、発振器の遠隔からの稼働監視・予防保全ができ、発振器の5年長期保証にも対応する。

また、世界で初めてとなる、AIで加工条件を自動調整する「AIアシスト」を搭載。同社のAI技術「Maisart(マイサート)」を用いており、同技術により連続自動運転の加工の安定性を実現。近年の人手不足に伴う、レーザー加工機の長時間の連続自動運転ニーズに対応する。

さらに、独自開発の流体コントロール技術も搭載。レーザー加工の際に溶融した金属の除去にはアシストガスが使用されるが、その使用量を従来比で最大90%削減する。

生産台数は、年間300台を予定。