Check !!

ベッセル、本締めボールポイントレンチ等 L型レンチ23アイテムなど発売

ベッセル(大阪府大阪市)は、本締めボールポイントレンチなど、L型レンチの追加23アイテムと、新たにTバーハンドルドライバー、フラッグハンドルドライバーを4月2日に発売した。

新製品は、ねじれや折れに強いオリジナル鋼材のEX鋼金を使用したマグネット入り。自社設備の熱処理を行い、全身焼入を施しており、摩耗に強い材料硬度とサビに強いメッキなど、優れた材料特性を引き出している。

本締め可能なボールポイント形状は、最大傾き角38度。レンチを傾けると駆動する位置が六角穴のいる口付近に移動し、首部が太くても、最大38度の傾き角度が得られる。ネジを締める時に障害物に接しても、レンチが抜けやすい設計になっており、ボール部が六角穴にはまり込んで抜けなくなることがない構造になっている。また、ボール部の保証トルク値は標準締付けトルクの約2倍を実現。

奥まった箇所で効果的な長軸仕様は、ボールポイント側の軸を長くした「ロングタイプ」に新たに4サイズ追加。

Tハンドルドライバーは、力が入りやすいT型ハンドルとなっており、フラッグハンドルドライバーは、クランプネジの締付けトルクに合わせたハンドルサイズを用意。早回し時には、細径部を使用すると便利。インチサイズの六角穴対応もそろえている。

 

用途:各種金型、工作機械類、ロボット、自動機、自動車、二輪車整備などの各種組み立て、メンテナンスなどに

詳細:ベッセル「本締めボールポイントレンチ」

紹介動画:YouTube「ボールポイントレンチ/トルクスレンチのご紹介」

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG