オムロン 新検査装置、寸法と外観を同時チェック 全数保証を実現

2018年12月12日

オムロンは、寸法検査とキズやクラックなどの外観の欠陥を同時に検査する「2D寸法外観検査装置VT-M121」を12月から出荷開始した。 高密度化や微細化が進む車載電装部品などは、目視検査に時間がかかるため、ロット単位での抜き取り検査が通常となっている。このため全数保証はできず、人が行う検査のため結果にばらつきが発生する場合もある。 新製品は、寸法検査と同時に全数外観検査が行えるため、検査結果の定量化や全数保証が可能となる。これまで人の目でしか見つけられなかったキズや異物を、「MDMC照明」によって照射光の色や角度を調整し、高性能画像処理システムの「FHシリーズ」で高精度に検出。 シーケンス制御と…