ルネサス オールインワン開発キット、IO-Link 容易に実装

2018年12月5日

ルネサスエレクトロニクスは、産業用ネットワーク機器向けにIO-Linkマスタの実装を容易にする開発キット「RZ/N1S IO-Linkマスタソリューション」を発表した。

新製品は、産業用マイクロプロセッサ「RZ/N1S」搭載のIO-Linkマスタ評価ボードと、ドイツのTMG TE社が開発したプロトコルスタックが含まれており、評価ボードには8つのIO-Linkコネクタが搭載され、ユーザーはIO-Linkスレーブデバイスを接続してすぐに評価を開始することができる。オールインワンの開発キットのため、プロトタイプから量産までの開発時間を大幅に短縮することが可能。

RZ/N1Sは、2つの独立したCPU、R-INエンジンと、大容量の内蔵SRAMを搭載し、1つのCPUが8ポートのIO-Linkマスタを制御し、もう一方のCPUとR-INエンジンが産業用イーサネット通信を制御する。