キヤノンと東芝デジタルソリューションズ、スマートファクトリー分野で協業

2018年11月14日

キヤノンと東芝デジタルソリューションズは、11月6日からスマートファクトリー分野での協業を開始した。

キヤノンは、FA向けイメージ一括管理システムのもと、ネットワークカメラ、産業用カメラなどのイメージング製品や、画像処理ソフトウエア、異常監視・録画ソフトウエアなどを活用した生産現場の見える化を推進しており、東芝デジタルソリューションズは、東芝グループで培った生産技術や関連ノウハウを結集させた、ものづくりIoTソリューションを展開している。

今回の協業では、東芝デジタルソリューションズのIoTソリューション「Meisterシリーズ」で収集したIoTデータに、キヤノンの画像処理ソフトウエア「Vision Edition」の画像処理で得た映像情報や、異常監視・録画ソフトウエア「Monitoring Edition」で得た録画映像をひも付けて蓄積させ、効率的な生産現場の状況把握や分析を可能にする。