日本航空電子工業 「DX07シリーズ」2種 「VirtualLink」対応

2018年11月7日

日本航空電子工業は、VR市場向け次世代規格「VirtualLink」対応のセンターハイト3.4ミリメートルハイブリッドタイプと、USB Type-Cの標準的な仕様の2列SMTオンボードタイプを改良したレセプタクルの2種類を販売開始した。「DX07シリーズ」として提供する。 VirtualLink規格は、今後の拡大が見込まれるVR市場に向けた規格で、高解像度ディスプレイ、カメラ、各種センサを搭載するVRヘッドセットと、本体機器(PCやセットトップボックス)を1本のUSB Type-Cケーブルで接続することができる。 新製品は、標準的なUSB Type-Aレセプタクルコネクタや、HDMIレセプタク…