ABB 上海にロボット工場建設、1億5000万ドルを投資

2018年11月7日

ABBは、1億5000万ドルを投資し、世界最先端レベルのロボット工場を中国・上海に建設する。 中国は現在、世界で販売されているロボットの3台に1台は中国向けと、世界最大のロボット市場となっている。同社では1992年以降、24億ドル以上を中国に投資しており、総従業員数は1万8000人を超えている。   新工場は、機械学習、デジタル、協働ソリューションを多数活用し、高度な「未来の工場」を目指す。リアルタイムで業務を監視・評価できるよう、上海工場全体をデジタルツインとしてモデル化し、マネージャー、エンジニア、オペレータ、メンテナンスエキスパートなどへ直感的に使えるダッシュボードを提供。 同…