ジャパンユニックス レーザーはんだ付システム&IPCの新国際標準

はんだ付品質・技術の向上

ジャパンユニックスは、0.1秒、0.1%、0.1ミリのはんだ付品質・技術の向上を実現する技術・製品を名古屋ネプコン ジャパンブースで提案する。小間番号16-16。

レーザーはんだ付システムは、従来のレーザー出力の管理に加え、リアルタイムではんだ付温度を把握して自動制御ができる新技術を出展。品質が安定しない主な原因となる4つの外的要因、「端子の挿入位置」「基板の状態」「はんだの流動性」「部品の配置位置」に対し、独自の制御方式で安定した出力と温度を実現。急激な温度上昇を抑え、高品質な量産を実現する。

初公開の最新卓上型はんだ付ロボットは、専用モニタリングソフトで稼働状態・ヒータ測定温度・はんだ送り結果・各種エラー等のデータ出力が可能。CSVでも保存でき、外付けカメラの撮影動画も保存可能。ガントリー型仕様も初出展する予定。

また、国内外で急速に広がる電子機器組立品の国際標準である「IPC」について、今回新たに日本語化された2つの標準書を初公開。より高信頼性を要求される、宇宙・航空、自動車等の産業が採用するはんだ付の国際規格「J-STD-001GS」や、電子組立品のリワークやリペア(修理)の手順書である「IPC-7711/21」の日本語版を初めて展示する。また、リワーク、リペアに特化した技術トレーニングの初公開も予定している。

https://www.japanunix.com/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG