イグス、火災安全基準を5倍上回るSLS方式3Dプリント材質「イグリデュールI3」

2018年8月27日

イグス(東京都墨田区)は、難燃性3Dプリント材質「イグリデュールI3」を使って成形した⾃動⾞⽤部品を燃焼性試験FMVSS302にかけた結果、基準値を大幅にクリアして合格したことを発表いたします。試験で計測された発熱量は、最大許容値を約5倍下回っていました。

⾃動⾞内装に難燃性材質を使用することは、万が一火災が発生した際に、着火を抑制することができ、さらに燃焼速度が遅ければ、⾼速⾛⾏中でも停⾞して無事に⾞から出る時間を確保することができます。

この度燃焼性試験FMVSS302に合格した「イグリデュールI3」は粉末焼結積層造形法(SLS)によるポリマー材質でイグス本社が独⾃に開発したものになります。

 

国際的な試験でのイグリデュールI3

⽶国連邦⾃動⾞安全基準(FMVSS)302は、⾞やトラック等の運転席に使用される材質の耐火性要求事項を満たしているかどうか確認するものです。

試験方法:平均2.02mm厚の被験片(プレート)を水平に保持し、ブンゼンバーナーで38mmの火炎⾼さで吹き付けます。その後、火炎の燃焼速度を判定します。最大許容値は毎分4インチまたは毎分102mm。試験されたイグリデュールI3は、平均で僅か毎分18.8mmと基準を5倍以上も満たしています。

 

耐摩耗性で、しかもすぐに使⽤可能

「イグリデュールI3」材質はSLS方式の圧⼒により、非常に優れた強度があります。レーザー焼結法で仕上げられたパーツの後加⼯はほとんど不要で、そのままプロトタイプやバッチ製造に使用可能です。この方式では、可動部向けの非常に複雑な形状や⾼精度の部品が実現できます。

それを実証するため、イグスの社内試験施設において、3Dプリント材質製のすべり軸受が粉末焼結積層造形法用の汎用的な材質と比較されました。イグス製品は、旋回、回転、直線運動において、比較品に対して少なくとも3倍優れた耐摩耗性を発揮しました。

3Dプリントパーツは短納期で提供可能なため、もうスペアパーツの在庫やツールを保管する必要はありません。例えばトラバントのように市場で⼿に⼊らなくなった⾞両用パーツも作成できます。⾃⾝で3Dプリンターを持っていない場合には、CADモデルをご用意いただくだけで、イグスの3Dプリントサービスをご利用いただけます。

出典:イグス「”安全第一”: 火災安全基準を5倍上回る SLS方式3Dプリント材質『イグリデュールI3』」