FUJI、半導体製造装置メーカーを子会社化 218億円で取得

2018年8月24日

FUJI(愛知県知立市)は、半導体製造装置メーカーであるファスフォードテクノロジ(山梨県南アルプス市、以下FFT)の株式を取得、子会社化することを発表した。218億円で取得する。

同社は、幅広い分野で更なる成長が期待できる半導体市場に注目し、半導体後工程および電子部品実装工程の両方を含む生産ライン全体のソリューション強化と、次世代技術の提案力強化を図るため、半導体後工程のダイボンディング装置を設計、製造、販売しているFFTの子会社化を決定した。

FFTはDRAMやNAND等のメモリ向けダイボンディング装置で世界トップクラスのシェアを誇っている。

今後は、電子部品実装ロボットで培った独自技術とFFTの半導体関連技術の連携により、両分野にまたがる新しい事業領域への製品開発、産業用ロボットおよび半導体製造装置メーカーとしての総合提案力を強化していく。

出典:FUJI「半導体製造装置メーカー“ファスフォードテクノロジ株式会社”の株式取得」