ロングリーチG 富士通コンポーネントを買収、来年1月手続き完了

富士通コンポーネントは、投資会社ロングリーチグループのFCホールディングスからの2段階買収により、親会社の富士通の資本持分が76.57%から25%に下がり、ロングリーチグループが75%を有することになる。最終手続き完了は2019年1月の予定。

社名や事業体制には変更はないが、8月1日付で近藤博昭社長が取締役に退き、石坂宏一代表取締役会長が社長を兼任した。

 

富士通コンポーネントは1995年に、富士通と高見澤電機製作所との合弁で設立。リレーやコネクタ、タッチパネルなどの製造販売で富士通グループの電子部品事業を担ってきた。

IoTへの取り組みに経営資源を集中させたい富士通が、電子部品などのデバイスビジネスを、単独でも勝ち抜ける独立事業と位置づけ、株式を売却したもの。

富士通コンポーネントの2018年3月期の売上高は494億2000万円、経常利益は5億1400万円。

なお、富士通コンポーネントは今年9月に東証2部上場を廃止予定。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG