ユニバーサルロボット、プログラミング・セットアップ・安全性向上の最新鋭「e-シリーズ」発表

ユニバーサルロボットは7月13日、協働ロボットの新製品e-シリーズの発表に合わせてテクニカルワークショップを行い、同社の現状と戦略、e-シリーズについて紹介した。

はじめに山根剛ゼネラルマネージャーが最新の状況を報告し、2017年度の売上高は1.7億ドル(前年比72%増)に達し、協働ロボット市場で60%のシェアを獲得。22年度には協働ロボット市場はグローバルで32.6億ドルに達し、このうち50%のシェアを維持したいとした。

また成長戦略として、販売代理店の増加、ハンドや画像センサなど認証済み周辺機器の増加、使い方やティーチング方法が学べる無料のオンラインセミナー等の取り組みを進めている。

e-シリーズは、従来機種と同じ可搬重量3キログラム、5キログラム、10キログラムをラインアップ。新製品ではプログラミングとセットアップ、安全性について向上している。

よりプログラミングがしやすくなる工夫として、ティーチングペンダントのデザインを一新し、軽量化、IP54対応、ディスプレイ画質の向上、静電容量式タッチパネルを採用。OSのUIも変更して使いやすさを改善した。

セットアップ面では、ベースデザインの統一、交換しやすいジョイント採用、シリアル通信に対応した。また新たに手首部分へ力覚センサを搭載し、作業の幅が広がったほか、エンドツールとそこで把持したワークの荷重・重心を推定する機能を新たに追加した。

安全面については、すべてカテゴリー3安全規格に対応。停止までの時間と距離が設定できる機能を追加。設定時の監視対象を手先だけから肘を加え、肘の衝突を防止。エンドツールの設定に関しても安全性を高めている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG