Moxa、IIC TSN Testbedsに加入、次世代TSN開発への継続的な取り組みを表明

産業用通信およびネットワーキングのリーディングカンパニーであるMoxa は、IIC(Industrial Internet Consortium、インダストリアル・インターネット・コンソーシアム)への積極的な参加と、TSN相互運用Testbedsへの正式加入を発表しました。

Moxaは、革新的な産業用コネクティビティのテクノロジーとソリューションの開発に向けた継続的コミットメントの一環として、IIC TSN Testbedsにおける他の業界リーダーと協力し、運用環境を模した試験用プラットフォームであるTSNの相互運用性を厳格にテストし、市場投入前に安定した信頼性の高い実装の実現に取り組みます。

Americas IIC TSN Testbedsの主催者であり、National Instrumentsでチーフ・マーケティング・マネージャーを務めるTodd Walterは、「Moxaが産業用イーサネットとネットワーキングの専門知識をTSNコミュニティにもたらしてくれることを嬉しく思います。私たちの顧客は、TSN対応デバイスの開放的で、相互運用可能なエコシステムを求めています。

フレキシブルな製造テストベッドに向けたIIC TSNなどの活動にMoxaが投資し、参加することで、イーサネットスイッチの相互運用性を確保できるはずです」と、語っています。

またB&R Industrial Automationのグローバルマーケティング部長であるStefan Schöneggerは、「MoxaがIICのパートナーとなり、TSNイニシアティブやOPC UAテクノロジーに関与することは、産業用IoT接続性のグローバルな統合に向けた重要なステップです。

Moxaは、センサーからクラウドまでを網羅する広大なOPC UA TSNエコシステムに関する貴重な知識や優れた商品を提供します」と、語っています。

 

Moxa、戦略ビジネスユニット主席のAndy Chengは、「MoxaはIIoTイニシアティブの一環として、TSNや業界パートナーとの戦略的連携などのテクノロジーに投資することで、ビジネスや社会に利益をもたらす変革テクノロジーを進化させることができます」と話しており、加えて「TSNテクノロジーは製造業界のマスカスタマイゼーションという希望を実現するための手段であり、全体的なコスト削減や生産の効率化といったメリットをもたらします。

IIC TSN Testbedsへの参加は、相互運用可能な基準の開発に貢献し、IIoTの可能性を広げる方法の一つです。今後も、Moxaは、TSNとスマート製造業界の進化を支援する機会を追求していきます」とコメントしています。

参考:Moxa

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG