フエニックス・コンタクト、PoE接続機器のフルラインアップを日本国内で正式販売

フエニックス・コンタクトは、2018年7月9日(月)よりPoE(Power Over Ethernetの略)接続機器(PoE スイッチ/インジェクタ/スプリッタ)のフルラインアップを、日本国内で正式販売します。

▲PoE接続機器ポートフォリオ

2018年内に発行予定のPoE新規格「IEEE 802.3bt」(※注1)に対応した60Wまでの出力が可能な製品やギガビットや、多ポート対応製品もご用意しました。PoE接続機器は今後、交通インフラ、ファクトリーオートメーション、ビルや照明などの制御管理システムなど幅広い用途での活用が見込まれています。

今回フルラインアップしたPoE接続機器ポートフォリオの製品構成は以下の通りです。

 

・複数ポートから60Wまでの供給、電源制御可能なバリエーションまで揃えた「PoE スイッチ」

・単一接続だがPush-inなどの端子接続形態、サージ保護機能など現場のニーズに応じた電源供給が可能な「PoE インジェクタ」

・単一ケーブルで延長したPoE接続を通信と電源に分離し、非PoE対応機器を接続できる「PoE スプリッタ」

※注1)PoE新規格「IEEE 802.3bt」:PoEの規格では、2002年に1ポートあたり15.4Wを供給する「IEEE 802.3af」、2009年に1ポートあたり30Wを供給する「IEEE 802.3at」が発行されており、2018年に60Wおよび90Wの供給を規定する新規格「IEEE 802.3bt」の発行が予定されています。30W供給の現行規格ですでにPoE はIP電話やIPカメラなどの製品で利用されていますが、新規格発行により表示器やPCをはじめとしたより電力を必要とする機器間の接続が可能となり、PoE需要の活性化が期待されています。

 

参考:フエニックス・コンタクト「PoE接続機器のフルラインアップを日本国内で正式販売」

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG