川崎重工業 人共存型双腕スカラロボット ラインアップ拡充 新しい使い方を提案

2018年6月5日

川崎重工業は、人との共存作業が可能な双腕スカラロボット「duAro1(デュアロ・ワン)」に続くラインアップとして「duAro2(デュアロ・ツー)」を追加し、6月から発売する。価格は340万円。 「duAro1」は、水平方向に動作するシンプルな動きの水平多関節ロボットを双腕にし、ダイレクトティーチ機能を搭載したことで教示が簡単で実用性が高いという点が好評を博している。 新製品はこの特徴を継承したうえで、可搬質量を片腕2キロから3キロ(双腕6キロ)に、上下方向(Z軸)の最大ストロークを150ミリメートルから550ミリメートルに拡張。これにより、深さのある段ボールへの箱詰め作業や段差のある工程間の製…