医薬・化粧品業界の専門技術展「第31回 インターフェックスジャパン」最新の偽造防止やトレーサビリティ技術が展示

2018年6月28日

医薬・化粧品・洗剤を研究・製造するためのあらゆる機器・システム・技術が一堂に出展する日本最大の専門技術展「第31回 インターフェックス ジャパン -[医薬品] [化粧品] [洗剤] 研究・製造技術展-」が、6月27日(水)~29日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される。出展社数は関連5展で1,510社が出展し、来場者数も5万6000人を予定している。

「第31回 インターフェックス ジャパン」の出展社の中から、特に注目度の高い約21のブースを取材し、写真とともに見どころやトレンドをまとめた展示会取材レポートをお届けする。

▼「第31回 インターフェックス ジャパン」出展社ブースを取材した速報レポートをご覧いただけます。第31回 インターフェックス ジャパン 速報取材レポート

 

「第31回 インターフェックス ジャパン」の見どころ

インターフェックスは、医薬品、化粧品、洗剤を対象とした展示会だが、製造業の全体から見ても先進的な技術や製品が多く展示されている。医薬品の製造にかかる先進的な製品・サービスと、製造業全体に共通する製品・サービスを中心に見どころを紹介する。

見どころの1つ目は、偽造防止とトレーサビリティ。海外の法規制強化の動きもあり、薬のシート、複数シートが入っている袋、複数の袋が入っている箱、箱詰めしたダンボールまでを一元的に管理し、搬送ルート途中やエンドユーザーが真贋や流通経路(横流し含む)を確認できる様々な仕組みが出展されていた。例えば、高額装置部品の偽物が出回っていることについても、医薬品での仕組みを他業界の製造にも活用できるものがある。

2つ目は、IoTによる予兆保守。ロット生産型で原材料ロスの影響が大きい業界のため、他の製造業より進展が早いかというと、ソリューション自体の成熟度にはあまり差異を感じないが、ユーザ企業側の関心は強いように見受けられた。

3つ目は、外観検査。製品そのものの外観検査は他の製造業よりも高度なものは求められていない一方で、印字と検査を一体化し、さらにメンテナンス性や変更時の手間や時間をかけない工夫の凝らされた装置が見られた。一方で、前述の偽造とも関係するが、ラベルの検査についてはAIを活用した高精度で、かつ、高速なものが求められていた。

4つ目は、産業用ロボットの動向。食品と同様に人に近い動きをする協働ロボットが求められていることと、他の製造業と同様にアタッチメントを変えることで汎用ロボットに様々な仕事をさせる動きも見られた。

これら見どころを元に取材した製品やサービスを展示会取材レポートで写真とともに紹介する。

▼「第31回 インターフェックス ジャパン」出展社ブースを取材した速報レポートをご覧いただけます。第31回 インターフェックス ジャパン 速報取材レポート

 

取材レポート掲載企業
サトーヘルスケア株式会社
真贋判定が簡単に行える•偽造防止マーキングシステム『kiiSpot』、
R/ES指針対応 ラベル発行・検査パッケージなど

株式会社タカラ
偽造防止、未開封証明、抜き取り防止、いたずら防止、転売防止など
さまざまなニーズに応える各種印刷ソリューション

シグマ紙業株式会社
個装箱、ラベル、PTPシート等、さまざまな素材、印刷方式に対応
ランニングコストに優れた国産の偽造防止技術 『ファーマグリッド』

株式会社トッパンTDKレーベル
『Digital × Protect』で「Protect(守る)」をテーマに、
ラベルでできる安心・安全のソリューションを紹介

株式会社イーズ
国内初のGS1シリアルNo管理システム(アグリゲーションシステム)
HIES-5000SZ(GS1Code シリアライゼーションシステム)

株式会社ミューチュアル
状態監視システム『MUDIS(ミューディス)』
PTP包装機『PRESTA6000』

アズビル株式会社
AIにより、ヒトが発見しづらい微細な変化を捉え、異常の予兆を
早期検知・通知 バッチプラントの異常予兆管理『BiG EYES』

株式会社日立ハイテクソリューションズ
プロセスや設備の“いつもと違う状態”を高精度に検知し、異常の
予兆発見、要因解析の効率化をサポートする予兆・診断システム

ゲミュージャパン株式会社
PCやタブレット端末上で製品の使用状況や各種証明書などを閲覧可能
ペーパーレス・プラント管理システム『CONEXO』

株式会社チノー
監視機能付き無線ロガー、MD8000温湿度マッピング

株式会社イノアックコーポレーション
スマホやタブレットで温度、湿度、位置情報等の常時監視が可能
『IOTボックス』を中心とした温度を管理するパッケージをデモ展示

ナビタスビジョンソリューション株式会社
AIを利用した次世代画像検査ソフトウエア『Asmil Vision』搭載
卓上型ロールラベル検査装置『NaviLab-Lite-MCIS』

クオリカプス株式会社
表裏・側面検査搭載、画期的な錠剤搬送によるインクジェット、
UVレーザ兼用のハイブリッド錠剤マーキング装置『CIMS+L』

第一実業株式会社
AI機能を強化した新モデル
錠剤外観検査システム『TVIS-NSVA』

株式会社マイクロ・テクニカ
省スペース、操作性を大幅に向上させた改良版ラベル全面検査装置、
ホットメルト検査システム(サーモカメラ使用) をデモで紹介

レイチャーシステムズ株式会社
熱影響が少なく、さまざまなワークへの加工が可能
UVレーザーを用いたカスタムメイドのマーキングシステム

株式会社キーエンス マーキング事業部
紫外線(UV)波長のレーザ使用で素材への吸収率が高く低発熱の
高発色&ダメージレス印字を実現! 3次元制御UVレーザマーカ

株式会社デクシス
ロボットが不得意とする捻りこみなど“人間らしい動作”を実現
双腕協働ロボットを用いた人型外観検査システム『外観けんた君』

株式会社ダイヘン
創薬研究のスクリーニングにおける拡大培養作業支援セルなど
医療・医薬分野におけるさまざまな作業の自動化を展示

株式会社三笠製作所
欧州・米国規格対応のフラットケーブルを使用することで、
配電盤スペースを大幅縮小、分岐もシンプルに

株式会社オカムラ
作業姿勢に天板の高さを合わせることが可能
上下昇降実験台『Volante[ボランチ]』

 

▼「第31回 インターフェックス ジャパン」出展社ブースを取材した速報レポートをご覧いただけます。第31回 インターフェックス ジャパン 速報取材レポート

 

「第31回 インターフェックス ジャパン」開催概要

  • 会期:2018年6月27日(水)~29日(金) 3日間
  • 会場:東京ビッグサイト
  • 主催:リード エグジビション ジャパン株式会社