大崎電気工業 新型電子式電力量計「E-FMシリーズ」カレントループ通信機能追加

大崎電気工業はJECA FAIRに、電子式電力量計「E-FMシリーズ」を中心に展示する。小間番号は3-19。

スマートメーターの急速な普及により、一般市場向け電力量計においても、機械式に代わり電子式計器への移行が進みつつある。代替品となる電子式計器には、従来品と同等程度の価格や、筐体サイズ、端子配置やピッチに互換性を持たせた施工性の高さなどが求められる。

電子式電力量計「E-FMシリーズ」は、これらに対応し、さらに筐体を樹脂化することで機械式計器に比べ重量を約3分の1と、大幅な軽量化を達成し施工性を高めており、取り替えを容易に行える。

ラインアップとしては、発信パルス付/パルスなしに、新たにカレントループ通信機能付の製品を加え、電力量計指示値のデータ出力のニーズにも対応する。容量は30A、60A、120A、/5Aと従来形の範囲をカバー。従来30Aだった一部製品は、容量を60Aとして拡大している。

計器の奥行きは約100ミリメートルで、従来製品に比べ薄型化を図り設置の自由度も向上した。

http://www.osaki.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG