横河電機 産学連携コンソーシアム結成 新薬・ライフサイエンス分野の研究開発に貢献

2018年4月25日

横河電機と静岡県立大学薬学部生体機能分子分析学分野(轟木堅一郎教授、水野初講師)の研究グループは、「シングルセローム共同開発研究コンソーシアム」を4月1日に共同で設立した。活動拠点は武田薬品工業が日本発のイノベーションを創出すべく主導する湘南ヘルスイノベーションパーク(神奈川県藤沢市)。 同コンソーシアムでは、「1細胞質量分析法」に関する共同研究を通して培ってきた技術を中核に、質量分析法以外の分析方法にも柔軟に組み合わせることができる1細胞の採取機能や生きた細胞内の様子を直接知るセンシング機能の開発、さらには遺伝子や薬物などを細胞内に直接注入する機能などの追加を検討し、一つひとつの細胞を探査す…