サトーパーツ パワークリップ C-100シリーズ 外れにくさ200%の保持力

サトーパーツは名古屋機械要素技術展に、専用工具不要で現場配線、結線作業が誰でも簡単にでき、繰り返し使える各種スクリューレス端子台はじめ、ヒューズホルダー、つまみなど最適な機構部品を展示する。また、展示会期間限定サンプルも配布する。小間番号は5‐98。

4月から新商品“サットコン”シリーズとして、つかみ易く外れ難い「パワークリップ C-100シリーズ」を販売開始した。端子台の通電チェックの際、従来から販売されているミノ虫型のクリップを使用し、端子台のねじ頭をはさんで測定等を行っていたが『はさみ難い、はさんだ後に滑り易く外れ易い』といった声が多かったことに対応し、パワークリップは、ねじ頭の上下各4カ所を爪で抱え込むことで、引張耐力を向上(同社比200%)させ、より安定性を高めている(特許申請中)。

感電防止用の絶縁部カバーには、指が滑りにくいエラストマー素材を使用するとともに、結線後でもクリップ先端側からカバーを挿入できる構造のため作業性が向上し便利である。カバー色は黒と赤が完備。

工場出荷検査、メンテナンスなど品質管理、現場作業での用途を見込む。端子台ねじサイズは、M3、M3.5、M4のなべ小ねじに適合。

http://www.satoparts.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG