ニクニ 射出成形専門エンジニアリングサービス 費用対効果の高い自動化を提供

2018年4月11日

樹脂製品は日用品から重要な機構部品まで利用範囲が広がる一方、射出成形で大量生産しやすいため、価格競争に陥りやすく、メーカーとしては工場における生産性と品質管理が重要となる。ニクニ(川崎市高津区)は、2016年から射出成形に特化した自動化、省力化のためのエンジニアリングサービスを開始。費用対効果の高い自動化を実現すると好評だ。 これまで樹脂・プラスチックの射出成形は、汎用品の大量生産だったことから生産効率化や品質管理はあまり進んでいなかった。樹脂の用途が広がるにつれ少量多品種化し、今では労働力不足も相まって自動化や省力化が大きなテーマとなっている。しかし現実には、設備屋による過剰な設備や無駄な工…