アジレント・テクノロジー データ完全性対策を解説

アジレント・テクノロジーは3月14日、企業によるデータの不正改ざんを防止するための、OpenLab製品を使ったデータイテグリティ対策についてのレクチャーを行った。

データインテグリティはデータ完全性とも言われ、データが全てそろっていて欠損や不整合がなく、一貫していて正しくアクセスできることを保証すること。近年頻発しているデータ改ざんやセキュリティ対策として重要視され始め、特に化学品や食品、医薬品等では厳しい管理が求められている。

無視して守らなかった結果として、例えばカビの試験会社では、カビの数を多く見積もって清掃業務を請け負う契約を結び、これに対して最大2500万円の罰金と5年の禁固刑が課された。またある自動車メーカーでは、排ガス試験のデータを偽造し、健康被害で100億円、集団訴訟や罰金と和解、顧客離れ、リコール費用などで合計3.5兆円を費やしたという例を挙げた。

データインテグリティを守るためには、手順を厳密に運用して、記録に残すことと、ソフトウェア技術で不正を行えない状態にすることが必要であり、同社は、データインテグリティ向けソフトウエアとして「Agilent OpenLaB Enterprise Manager(ECM)」を提供している。データを一括保存する管理サーバーシステムで、手順管理よりも技術管理、事後探知よりも事前予防、紙よりもオンラインデータによる管理を優先し、装置の種類やメーカー問わずデータを管理できる。記録の保護やアクセス管理、監査認跡、電子署名、レポート機能等でデータインテグリティを保護する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG