ワゴジャパン ネットワーク対応PLC「PFCシリーズ」プログラミング開発ツール強化

ワゴは、OSに組込みLinuxを採用しているネットワーク対応PLC「PFCシリーズ」の開発環境のサポートを強化するため、Microsoft Visual Studio、eclipse Lunaに対応する。これにより同社PFCシリーズへソースコード直接コンパイルでき、オンラインデバッグが可能になる。C/C++プログラミングの開発を容易にし、クラウドへのデータ通信やネットワークを利用したオートメーションへの活用を促進する。

「PFCシリーズ」はPLCとしての機能をLinux環境と統合する事ができ、汎用性に優れるプログラミング可能なコントローラ。Microsoft Azure、Amazon Web Services、IBM Bluemixなどのクラウドサーバーとの通信用MQTTプロトコルやOPC UA、SQLのほか、工作機械用通信プロトコルMT-Connectなどにも対応でき、フィールドレベルのデータをクラウドで利用する事を容易に行える。

また、IPSec、OpenVPN、TLS暗号化、SCEPなどによる産業用途に重要な高レベルのセキュリティ機能を有している。信号の入出力はデジタル・アナログの他シリアル通信に対応する500種類以上のモジュールをコントローラに組合せ1体化する事が可能。IoTゲートウェイとしてデータ収集、遠隔監視・制御、見える化、予知保全、生産効率化、エネルギー管理などさまざまなデータ利用に活用できる。

http://www.wago.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG