日本航空電子工業 メタルメッシュタイプ・ガラスセンサを開発

日本航空電子工業と光村印刷は、タッチパネルの大画面化に対応したメタルメッシュタイプの車載用静電容量式ガラスセンサを開発した。車載用静電タッチパネル「TC230シリーズ」の製品ラインアップに追加し、9月から量産を開始する予定。

大画面化されたタッチパネルは、操作面の配線が長くなるため、配線抵抗値が高くなり、タッチ検出感度が不足する傾向にあるが、従来のITO透明電極膜のタッチパネルでは低抵抗化が難しく、課題となっていた。

日本航空電子工業は、この技術課題に対応するため、ITO透明電極膜に代わるメタルメッシュセンサを開発し、業界初となる印刷方式のフィルムセンサの量産を開始。今回、これに続き、光村印刷との技術提携でフォトファブリケーション方式によるメタルメッシュタイプのガラスセンサを開発した。

新製品は、低抵抗な銀粒子を分散させた感光性材料をガラス基板に塗布し、マスク露光・現像プロセスにより配線を直接形成。この配線形成技術は正確な再現性を有しているため仕上がりのバラツキを抑えることができ、安定した品質を実現すると同時に、フォトレジスト工程の一括露光を用いて、量産性の向上やリードタイムを短縮する。

また、感光性材料と加工プロセスの最適化により、人間の目では不可視なレベルとされる4マイクロメートルまでメッシュ幅を細線化することにより、高い水準の外観品位を提供する。

最大サイズ20インチ程度まで対応可能、厚み1.1ミリメートル。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG