EPLANと三菱電機 AutomationML活用でデータ交換

2018年3月26日

EPLAN Software&Service(横浜市港北区)は、AutomationMLを活用したエンジニアリングツールにより、三菱電機「MELSOFT iQ Works」と電気CAD「EPLAN Electric P8」間のデータ交換を可能にした。 AutomationMLは、XMLをベースとする公開仕様の標準データフォーマットで、システムのトポロジや構成、配置、ロジックなどに関する設計情報の記述が可能。また、システムの構造的な情報を受け渡すことができるうえ、さまざまなソフトウェア・ツールによるデバイス情報などのデータをメーカーとユーザーの間で交換し、簡単にドキュメントに盛り込むこ…