オプテックス・エフエー レーザ変位センサ 最小限の測定誤差

2018年2月28日

正反射/ショートレンジ 2種を追加発売 オプテックス・エフエーは、高精度レーザ変位センサ「FASTUS CDXシリーズ」の正反射タイプとショートレンジタイプを3月上旬から追加発売する。価格はいずれも35万円で、販売目標は年間3000台。 同シリーズは、従来比2.7倍以上となる世界最高のリニアリティを達成することで非接触での超高精度測定を可能としたレーザ変位センサで、Ethernet通信機能とWEBサーバの搭載により、WEB上で簡単にセンサの測定値や設定を閲覧・制御できる。 今回追加した製品は、測定範囲15±1ミリメートルで分解能0.01マイクロメートルの正反射タイプと、測定範囲30±5ミリメー…