Check !!

東芝 AIアクセラレータチップを開発

東芝は、組込み機器向けの超低消費電力アナログAIアクセラレータチップを開発した。

従来のクラウドベースAIでは、組込み機器に設置した大量のセンサデータをクラウド上のニューラルネットワークで解析するためにセンサとクラウドの間で膨大な量の通信が必要となり、AI導入の障壁となることが懸念されている。また、一方で組込み機器でのAI導入には、ハードウエアのコストや消費電力の高さという課題がある。

同社は、演算回路に独自の発振回路を採用し、その発振時間と発振周波数を動的に制御することで演算を行う新たな演算処理技術を開発。従来は個別のデジタル回路で処理されていた乗算、加算、記憶が1つの回路で処理可能となり、演算処理の際に動作するトランジスタの数を削減することにより、消費電力の大幅な削減を実現している。

さらに、今回開発した演算処理技術を搭載したAIアクセラレータチップを試作し、従来のデジタル回路と比べて同程度の面積で消費電力が1/8となることを確認。加えて、開発したAIアクセラレータチップを用いて画像認識や故障検知のニューラルネットワークの推論処理のデモ動作にも成功している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG