三菱電機 杉山副社長が社長昇格 柵山社長は会長就任

2018年2月28日

三菱電機は4月1日付で、代表執行役執行役社長の柵山正樹氏が取締役会長に就任し、後任の社長に杉山武史副社長が昇格する。取締役会長を務めてきた山西健一郎氏は取締役相談役に就く。 【杉山武史(すぎやま・たけし)】1956年12月29日生まれ。61歳。79年3月名古屋大学工学部を卒業後、同年4月同社入社。2011年リビング・デジタルメディア事業本部副事業本部長、14年常務執行役リビング・デジタルメディア事業担当、16年専務執行役、17年から代表執行役、執行役副社長。 そのほかの執行役・取締役人事は以下のとおり。 ▽輸出管理、インフォメーションシステム事業担当(経営企画、関係会社、輸出管理担当)代表執行…