三菱電機 杉山副社長が社長昇格 柵山社長は会長就任

三菱電機は4月1日付で、代表執行役執行役社長の柵山正樹氏が取締役会長に就任し、後任の社長に杉山武史副社長が昇格する。取締役会長を務めてきた山西健一郎氏は取締役相談役に就く。

【杉山武史(すぎやま・たけし)】1956年12月29日生まれ。61歳。79年3月名古屋大学工学部を卒業後、同年4月同社入社。2011年リビング・デジタルメディア事業本部副事業本部長、14年常務執行役リビング・デジタルメディア事業担当、16年専務執行役、17年から代表執行役、執行役副社長。

そのほかの執行役・取締役人事は以下のとおり。

▽輸出管理、インフォメーションシステム事業担当(経営企画、関係会社、輸出管理担当)代表執行役 執行役副社長大橋豊
▽代表執行役 経営企画、関係会社担当(監査、総務、人事、法務・コンプライアンス担当)専務執行役大隈信幸
▽ビルシステム事業担当(電力・産業システム事業担当)専務執行役伊藤泰之
▽産業政策渉外、輸出管理、知的財産渉外、知的財産担当 常務執行役加藤恒
▽常務執行役 リビング・デジタルメディア事業担当(リビング・デジタルメディア事業本部副事業本部長兼空調冷熱システム海外事業部長)松本匡
▽同 宣伝、国内営業担当(関西支社長)永澤淳
▽同 総務、人事、広報担当(人事部長)原田真治
▽同 経理、財務担当(財務部長)皮籠石斉
▽同 監査、法務・コンプライアンス担当(法務・コンプライアンス部長)室園孝和
▽同 電力・産業システム事業担当(電力・産業システム事業本部副事業本部長兼電力・産業システム技術部長)織戸浩一

▽退任 専務執行役 松山彰宏
▽同 阿部信行=顧問就任
▽同 常務執行役 諸岡暢志=同
▽同 伏見信也=同
▽同 萩原稔=同
▽同 永友秀明=三菱電機エンジニアリング取締役社長就任

※柵山新会長、杉山新社長および大隈氏、原田氏、皮籠石氏、松山氏は取締役候補。取締役は6月下旬の定時株主総会において選任される予定。

関連記事

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る