アイ・オー・データ機器とシュナイダーエレクトリック クラウドで連携 安定システム提案

2018年2月21日

アイ・オー・データ機器とシュナイダーエレクトリックは、クラウド型のNAS見守りサービス「NarSuS(ナーサス)」で連携する。 「NarSuS」は、NASの動作稼働状態を把握することでシステム管理者の負担軽減を目指した独自のクラウドサービスで、2011年からアイ・オー・データ機器が法人向けに無償で運用している。Webベースの管理画面でインターネット環境があれば、LAN域内だけでなく、遠隔地からもNASおよびNASに接続された外付けハードディスク、UPS(無停電電源装置)の状態を確認することができ、トラブル発生時にはメールの通知やガイダンスによる対処方法の案内などをシステム管理者に行う機能を備え…