【流通各社トップが語る2018】鳥居電業「エッジコンピュータに期待」

2018年1月31日

代表取締役社長 池田茂 2018年3月期の売り上げは前年度比115%ぐらいが見込まれる。上期は105%ぐらいと出だしはあまり良くなかったが、下期以降は大きく伸長してきて毎月120%で推移している。半導体・FPD、スマホ、ロボット、EV(電気自動車)などの動向を見ても判るように、産業全般が旺盛な需要に支えられてFA機器の販売が増加している。 当社もその恩恵を受けてはいるが、売り上げの約35%を占めるME(医療機器)向けの販売も安定しているため、FA向けが悪くても全体では安定した伸び率を確保できる一方、今期のように市場でのFA向けの伸びが大きい時には全体の伸び率が他社より低くなりがちだ。 IoT、…