【流通各社トップが語る2018】高木商会「ⅠoT提案へ、プロジェクト」

代表取締役社長 中山広幸

2018年3月期の売り上げは、昨年12月までで前年同期比23.6%増で推移している。半導体・FPD、ロボット、一般産業、鉄道、制御セキュリティ関連向けを中心に伸長しており、とりわけIoTに絡んでコネクタやIPC(産業用コンピュータ)が各前年同期比約136%となっているほか、制御機器、画像処理、電子機器も堅調で、さらには16年頃から取り組みを強めているモーターや位置決め、空圧機器といった駆動系機器も120%と拡大している。

今年1月から「IoT Products&Solution」というキャッチフレーズを掲げ、IoTプロダクツを中心としたソリューション提案を加速している。IoTへの取り組みが進む中で、シームレスに情報をつなぐうえで商社の果たす役割模索に向けて、「生産現場のIoT」、「セットメーカーのIoT」に分け、親会社の立花エレテックとグループの大電社の3社で「IoT推進プロジェクト」を編成し、お客様へのIoT化ソリューション提案を進めている。

その一環として、16年に東名阪で開催したセミナーを、今年も開きたいと考えている。インダストリー4.0などをテーマとしたセミナーは、メーカーの協力を得ながら昨年も行ったが、IoTについてはどう導入していくか、とくに中小企業のIoT導入はいくつかのステップが必要と考えており、そのトリガーにつながるようなセミナーを開催することは商社の果たす役割でもあると思う。

市場のグローバル化の中で、海外拠点(立花エレテック14、当社2)間の連携を強めるためのグローバル会議を開いており、今後は更なる連携した活動を進めていく。今年も立花エレテックグループの「C.C.J.2200」経営計画達成と、当社としての次の目標でもある売上高300億円に向けて取り組んでいきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG