【流通各社トップが語る2018】サンワテクノス「多様な営業手法を展開」

2018年1月31日

代表取締役社長 田中裕之 当社を取り巻く環境は、人手不足や人件費高騰などによる工場の自動化投資、スマホはじめとした半導体需要増に伴う半導体・FPD製造装置の伸長、自動車の電子化・EV関連投資の拡大などを背景にエンジン全開で、スピードオーバーの状況である。 今年は次への飛躍に向けた多様性のある施策を進める。国内では、主要顧客を中心に顧客毎の専任チームをつくり、国内外の地域を横断しながらのきめ細かな個別サービスを提供して顧客満足度を高めていく。また、地域や業界で強い影響力を有する地域・業界密着型の顧客にも専任チームを設け、それぞれに根付いたサポートを行っていきたい。 さらに、海外では現在の拠点の機…