FDK 新モジュール開発 高性能・高効率を維持

2017年11月15日

FDKは、12V/24V/48Vのワイドレンジの入力に対応した1/16-Brickサイズの絶縁タイプDC-DCパワーモジュール「FPKR40S01205」を開発し、サンプル出荷を開始した。 今回開発した新モジュールは、入力電圧DC9.6V~72Vで動作し、各種バッテリやインフラ等の入力電圧に幅広く対応することにより、複数の入力電圧の機器におけるパワーモジュールの共通化を可能にする。 また、12V/5Aの最大60W出力が可能で、業界標準の1/16-Brick(33.02ミリ×22.86ミリ)に準拠。高さを最長7.2ミリと低背のSMT実装タイプにすることで、12V/24V/48Vの入力電圧に対応し…