キヤノンITソリューションズ 製造ビッグデータ分析・可視化ツール BIGDAT@Viewer

膨大な製造データから分析軸を発見

キヤノンITソリューションズは、製造ビッグデータの分析・可視化ツールとして、BIGDAT@Viewer(ビッグデータビューアー)を販売している。開発元はサイバネットシステム。膨大なビッグデータをわかりやすい二次元のマップとして表現し、気付きの発見や仮説立案を支援する。

インダストリアルIoTでは、製造にかかわるビッグデータの有効活用が急務。適切なデータ分析による、設備の異常の早期検知や製品の不具合原因の把握などの課題解決への活用が期待されている。一方、製造現場ではベテランの経験や勘に頼り、データサイエンティストのような専門人材を雇えないなど、十分なデータ活用ができないことが多い。

BIGDAT@Viewerは、そうした課題の解決を支援する。汎用的なCSVファイルを読み込ませると、誰でも簡単な操作でデータを二次元のマップ上に可視化。データの傾向や特長、故障や不具合の原因はどのデータ属性なのかなど、マップ上で直感的に絞り込むことができる。データサイエンティストでなくとも、膨大なビッグデータを活用できるのが最大の特長。

Wonderware Historian(産業用時系列データベース)や分析用クライアントツールと組み合わせての利用も可能。

https://www.canon-its.co.jp/products/bigdataviewer/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG