Check !!

IDECファクトリーソリューションズ 協調安全ロボットの扱い拡充 東京にもセンター開設

IDECグループのロボットシステムインテグレータであるIDECファクトリーソリューションズ(愛知県一宮市)は、2017年6月に開設した「協調安全ロボットテクニカルセンター」(愛知県一宮市)での取り扱いロボットを10月2日から大幅に拡充するとともに、新たに東京ロボットセンター(東京都品川区大崎5-6-2)を開設した。

協調安全ロボットテクニカルセンターでは、これまでデンマーク・ユニバーサルロボット、三菱電機、ファナックの3社の協働ロボットを扱っていたが、今回、独・KUKA、安川電機、ライフロボティクスの3社の製品を追加し、6社の協働ロボットを実際に見て特徴を比較することが可能となった。

また、東京ロボットセンターでは、当面はユニバーサルロボット製品のみの扱いとなるが、順次ラインアップを拡大していく予定。なお、東京は予約制となっている。

さらに、協働ロボットシステムを構成する機器やプログラム、ツールなどをパッケージ化した「アプリケーションパッケージ」の提供も同日から開始した。

システムを構築するうえで、ユーザーによる設計、プログラミング、立ち上げを簡単にするためのハードウェア、ソフトウェア、サポートツールをパッケージングして提供する。

三井住友ファイナンシャル&リースグループのSMFLレンタルと連携し、中小企業が導入しやすい長期レンタルプランも用意している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG