Check !!

トヨタやスズキ、ヤマハなど 日本式ものづくり学校 インドに開校

経済成長著しいインドで、日本の製造手法を学ぶ「日本式ものづくり学校」がスタートした。

日本式ものづくり学校は、日本企業がインドの若者に対して製造現場に必要な規律・心構えや実践的な技能を直接指導し、将来の現場リーダーを育成する学校として、これまでに4校が開設されている。

スズキはグジャラート州メーサナにMaruti Suzuki JIMを開設し、420人が学んでいる。トヨタ自動車によるToyota Technical Instituteはカルナタカ州バンガロールに開校し、3年コースに64人が参加。ダイキン工業のDaikin Japanese Institute of Manufacturing Excellenceはラジャスタン州ニムラナにあり、2年コースで31人が在籍している。ヤマハ発動機のYAMAHA MOTOR NTTF Training Centerはタミル・ナドゥ州チェンナイで7月に開校。4年コース40人が学んでいる。今年中には日立建機、18年夏に豊田通商が開校を予定している。

また、日本企業がインド国内大学に、製造業分野の実践的な専門教育を提供する寄付講座も開校。明電舎が主体となり、アンドラ・プラデシュ州ビドゥヤナガーのN・B・R・K
Institute of Science&Technology大学で、学生100人に対して約50時間の講義を行っている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG