シーメンスのソフトウェア ヤマハ発動機が採用 デジタルな統合環境構築

2017年9月20日

シーメンスは、ヤマハ発動機がデジタル化への取り組みをサポートする製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアのサプライヤーとして、同社を選定したと発表した。 ヤマハ発動機は、主力製品である二輪製品の全開発部門に、シーメンスのPLMソフトウェア「Teamcenter」ポートフォリオを適用。また、設計開発システムとして、シーメンスのフラグシップ製品であるCAD/CAM/CAE統合ソリューションのNXを採用する。 NXとTeamcenterプラットフォームをグローバルな二輪車開発全般に展開し、完全統合型の3D製品開発プロセスと、3Dマスターデータの効率的な統合管理環境を構築。さらに、デジタル設計とエ…