アズビル アンプ内蔵形光電スイッチ「H1Lシリーズ」レーザで長距離検出実現

アズビルは、幅広いFAセンサをそろえているが、アンプ内蔵形光電スイッチ「H1Lシリーズ」は、三角測距原理のレーザセンサで、従来のLEDタイプでは実現できなかった長距離検出が可能。

検出方式として、BGSとFGSの二つがそろっており、計測対象の位置により受光素子上の結像位置が変わることで検出対象の有無を判別するため、受光量によるばらつきの影響を受けにくいのが大きな特徴。

検出距離は最大1.9メートルが可能。

FGSは、ミラー反射板を使わずにリフレクタ形として使える検出方式で、検出物体と背景物体が密着している場合や、検出物体に光沢や凹凸がある場合に有効。また、BGSには、2出力タイプがそろっており、減速・停止・多段検出など従来はセンサを2個使用していたアプリケーションでも省スペース・省コストを両立できる。

そのほか、チューニング設定はドライバーなど汎用工具で行え、オートチューニング方式によって、人によるばらつきも軽減できる。価格も導入しやすいリーズナブルな設定となっている。

http://www.compoclub.com/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG