竹中電子工業 新型セーフティライトカーテン発売 スリムケースで長距離検出

2017年9月13日

竹中電子工業(京都市山科区)は、スリムケースで長距離検出を可能にした「セーフティライトカーテンSEF4-ESシリーズ」を8月から発売した。目標販売台数は年間1000台。 新製品は、危険領域へのオペレータの侵入を遮光検知し、機械類や設備を停止。故障に対しても自己診断機能を搭載しており、安全対策として最高水準となるカテゴリ4の要求を満たした光電式安全センサとなっている。 28ミリ×30ミリのスリムタイプで、装置にフィットして作業の邪魔にならないうえ、豊富なラインアップで、20メートルの長距離検出も可能。 マスター1台とスレーブ2台で3台の連結が可能で、セーフティモジュールかセーフティリレー1台で、…