NICT・産総研が初成功 ドローン 169MHz帯で遠隔操作

2017年8月9日

情報通信研究機構(NICT)と産業技術総合研究所(産総研)のグループは、総務省が新たに制度化したロボット・ドローン用の周波数の一つである169MHz帯を使ったドローンの遠隔制御飛行に初めて成功した。 これまでドローンのほとんどは2.4GHz帯を使ってきたが、無線LANなど他からの干渉を受けやすく、構造物等で電波が途切れやすく、操縦者から1キロ以上離れた場所でのドローンの安定した運用は難しかった。 実験では、障害物を回り込んで遠くに届きやすい特性を持つ169MHz帯電波を使って、地上の操縦者からドローンまで直接無線をつないだ制御のほか、上空に滞空する他のドローンを経由して、目的のドローンの制御と…