日東工業内覧会に2000人 安心・安全多様な提案

2017年7月26日

日東工業は、新製品や注力製品を特定顧客に紹介する「プライベートショー2017」を、東京・秋葉原のアキバ・スクエアで7月19、20の両日開催し、約2000人が来場した。 プライベートショーでは、「IoT・防災・再開発・SECURITY」をキーワードに、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催などに伴う、安心・安全な都市実現をするために必要な防災への取り組みや、IoT関連の先端技術を中心に関連製品を紹介した。 展示は戸建て、マンション、店舗、ビル、交通・社会、エネルギーミックスなど、同社のターゲット市場ごとにアピール。会場の中心には、1964年の東京オリンピックのハイライト写真パネルを背景…