不二電機工業 可視光通信システム発売 制御信号、LED光で送受信

2017年6月28日

不二電機工業は、可視光通信システム「VLP形(ペイロード式)」の販売を開始した。可視光通信は、人の目に見える「可視光」を使った通信方法で、LED表示灯の光にデータを重畳させ、人の目では感じられないほどのスピードで点滅させることで情報を伝達する。これにより、PLCなどの各種制御装置の出力信号を可視光通信データに変換して無線通信が可能になる。 電磁妨害誤動作なく高い秘匿性 電波を使わない無線通信のため、電磁妨害による周辺機器の誤動作の心配がなく、通信範囲を限定できるため、高い秘匿性を有する。しかも、送信器の電源回路と表示灯の電源回路は絶縁されており、安全。 また、既存のLED表示灯に接続が可能で、…