安川電機 熟練技術 ロボットに伝授 実演教示機能を開発

ティーチング時間を短縮

安川電機は、熟練を要する複雑な作業をロボット化するための手本をロボットに直感的に教える「実演教示機能」を開発した。

産業用ロボットは、プログラミングペンダントの装置を使ってロボットに動作を教示するのが一般的だが、ペンダント操作に不慣れな作業者は教示に時間がかかるとともに、力加減は教えることができないという課題がある。また、時間をかけて一品種の研磨動作を教示できたとしても、研磨するワークの形状はさまざまで、多品種に対応するのは極めて困難となっている。

今回開発した実演教示機能は、人が作業を実演している最中の手先の位置姿勢や力をセンサで計測し、その計測データをロボットの動作に自動変換することで動作を教示。研磨のようなワークの曲面形状に合わせた3次元的な軌道と力加減を短時間で簡単に教示できることなどから、多品種対応も容易になる。

また、人が練習を繰り返すことで上達するのと同様に、ロボットが自ら練習を繰り返して学習することで、教示した熟練作業者の力加減(スキル)を再現できる。さらに、生産ラインのレイアウト変更などによりロボットと研磨機の配置が変わったとしてもスキルを簡単に再現でき、短時間でラインを再稼働させることが可能。しかも、教示データは再利用性が高く、異なるロボットで共有することも可能となっている。

金属ワークの研磨やバリ取り、組み立てなどの複雑な接触作業に最適。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG