ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017 5月24日~26日 東京ビッグサイト

IoTビジネスの未来一望に
効果的マッチングの場

ワイヤレス/モバイルビジネスに携わるキーマンが集結する「ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017」(主催=リックテレコム)が、5月24日~26日の3日間、東京ビッグサイト(西1ホール/会議棟)で開催される。開場時間は午前10時~午後6時(26日は午後5時)で、入場無料(事前登録制)。会期中は「ワイヤレステクノロジーパーク」「ドローンソリューション&技術展」「運輸・交通システムEXPO」も併催される。

EXPO新設、同時開催

「ワイヤレスジャパン」は、毎回4万人から5万人が来場し、B2Bアライアンスの構築や実ビジネスに直結するトレードショーとして活発な商談の場となっている。用途に特化したLPWAをはじめとする「ワイヤレスIoT」が、新たなIoT通信網の登場として期待を集めている中、今回はIoTのための技術・サービス・ソリューションに特化した専門展「ワイヤレスIoT EXPO」を新設・同時開催する。

「ワイヤレスジャパン」では、無線LAN/近距離無線、近接無線、IoT/M2M、ウェアラブル端末、スマートフォン・タブレットPC・モバイル端末、法人向けモバイルシステム開発・構築コンサルティングサービス、キャリア向け基地局・インフラ設備、移動通信サービス、モバイルクラウド/ASP、環境発電などの製品・サービスを紹介する。

「ワイヤレスIoT EXPO」では、LPWAをはじめとするIoT向け近距離無線規格や、ゲートウェイ、ネットワーク、プラットフォームなどのワイヤレスIoTなどのIoTインフラ基盤、IoTビジネスにおいて注目を集めているデータアナリティクスの領域、AI、機械学習、ディープラーニングなどのIoTアプリケーション基盤の要素技術、IoTが実際に使われる現場、特に製造・物流・小売・医療などの業種・業界別のビジネスモデル(IoTビジネス)にフォーカスし、主要プレーヤーの「協創の場」として、IoTビジネス推進の方向性と事例、産業別ガイダンス、さらにレイヤーごとのIoTシステムの具体像、そしてインテグレーション&マネジメントとビジネスモデル化について、一望のもとに見通せるイベントを開催する。

注目はLPWAの徹底解説

注目は、「LoRa」「SIGFOX」のベンダの展示とセミナーによるLPWAネットワークの徹底解説。LoRaアライアンス公認のパビリオンには15社が出展し、デバイスや端末からゲートウェイ、サーバ製品などを展示する他、LoRa網構築に役立つセミナーも多数実施される。他方、日本では唯一のSIGFOXネットワークサービス事業者となった京セラコミュニケーションシステム(KCCS)のブースでは、年間通信料100円という低コストを実現できるLPWAサービスの全貌が明らかになるとともに、SIGFOXサービスエコシステムパートナーが提供する最新のデバイスや端末が多数披露される。

加えて、スマホ間やオフィス内での快適な無線通信はもとより、IoT向けセンサーネットワークを構築するために欠かすことができない近距離無線に関する催しも盛況が予想される。無線LAN(Wi-Fi)、Bluetoothといった普及著しい無線方式はもちろん、Zig Bee、DECT、Z-wave、エコーネット、Transfer Jetなど今後が期待される無線方式について、これらの技術の普及をけん引している団体・アライアンスと、ソリューション展開を図るベンダが多数出展し、多彩な展示とセミナーで最新動向を解説する。

連日、業界トップの基調講演

会期中は、業界のトップが勢ぞろいする基調講演が連日行われる。

24日は、シスコシステムズのGary Stuebing・IoTスタンダードマネジャー/Office of the CTAOが「IoTネットワークの未来に向けたロードマップ-LoRaがもたらす新しいIoTの世界」、ソフトバンク法人事業開発本部事業開発第1統括部IoTコンサルティング2部吉田政人部長が「ソフトバンクが提案するIoTの世界~データは可視化から価値化の時代へ~」を、それぞれ講演する。

25日は、KCCS黒瀬善仁代表取締役社長が「すべてのモノが『つながる』新たな未来へ IoTネットワーク『SIGFOX』」と題し、LPWA普及の意気込みを語る。他に、NTTドコモ法人ビジネス本部IoTビジネス部谷直樹部長が「IoTによる社会の超スマート化と『+d』戦略」を述べる。

26日は、OKI情報通信事業本部IoTアプリケーション推進部丸井武士部長が、「もうここまで来ている!社会、生活、ものづくりを変革する 【つなげるIoT】」、KDDIソリューション事業本部ビジネスIoT推進本部木村弘之副本部長が「IoTの大義 IoTは世の中の役に立つのか?」を講演する。

その他、テクニカルIoTセッション、産業別IoTビジネスセッション、Bluetoothフォーラム、エネルギーハーベスティングフォーラムなど、多種多様なセッション・フォーラムが用意されている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG